• データーベース利用による医療技術進歩について

    • 最近、人口知能による技術革新が様々な分野において目覚ましいです。


      例えば将棋や囲碁のプロ棋士を人工知能が打ち負かすというニュースをしばしば耳にします。
      更に人工知能は人から命令された事項のみを実施するのではなく、自らの自我を持つようになると言われており、将来的に法整備等の準備が必要になると予想されます。
      そのような状況は医療業界でも例外ではありません。

      医療のデーターベースの最新情報をご提供します。

      これまでに医療に関する医学論文は数百万もの数で世の中に出されていますが、その殆どはデーターベース化されており、誰でもその要約やフルテキストをパソコンからアクセスして閲覧することが出来ます。

      これまではそのデーターベースを各個人が閲覧して自らの今後の医療研究の為の参考としていることが多かったでしょう。
      しかし、最近になって事態は変化しようとしています。

      評価の高い毎日新聞が最近こちらで話題になっています。

      それは、人工知能によってそのデーターベースを網羅的に学習させ、その情報から患者へ最適な医薬品を提供しようという試みです。有名処では、人工知能に医学論文のデーターベースを学習させ、患者に最適な抗がん剤を選択するという話です。
      このケースでは医師かそれまでに処方していた抗がん剤では効果が無かった半面、人工知能による抗がん剤選択のほうが治療効果が高かったのです。



      この事象は、各個人による経験・知識にはデーターベースの全てを把握することには限界があるということを示しています。

      また、人工知能には現状では感情はありませんので、個人感情が介入しない客観的な回答が導かれるというメリットがあります。


      しかし、メリット以外にも気を付けなければいけないことがあります。
      それは上述のように、人工知能が感情を持った際に人を押しのけて暴走してしまう可能性があるということです。
      今からそれらに対する対策を講じておく必要があるでしょう。

  • 医療関係の真実

    • 医療情報のデーターベース化

      現在様々な産業の現場で情報のデーターベース化が促進されていますが、医療分野においてもその様な活動が盛んに行われています。医療情報に関しても最先端の技術分野においては世界的に共有されるべきであるという考え方が進んできており、様々な病気や症状に関する情報をデーターベース化する形で共有することが出来る方向に進められています。...

  • 基本知識

    • 医療データーベースと個人情報

      医療データーベースの一つに、電子カルテがあります。多くの患者さんは、紙のカルテがパソコン画面になっただけ、と思っているようですが、デジタル化やデータベース化は多くの恩恵があります。...

  • 知っておきたい常識・おすすめ情報